スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
最近考えること。
就職してまだ2ヶ月と経たない頃。
点滴を始めようとある患者さんのところへ行った。
するとその彼、
「婦長さんいないの?」
と、婦長をご指名。
(そーですか、新人じゃ不安ですか!!)
すっごく腹が立った。
確かに失敗して何度も刺されるよりは上手い人に一回で刺してもらった方が何倍も何十倍もいいのはわかる。
でも・・・・なんか悔しかった。
信用してもらえなかった、そしていかにも『新人だから』ばりに馬鹿にされたようで・・・・。

そして就職して8・9ヶ月。
その彼の採血もこれまでのなかでやってきた。
その時その時でカナリ緊張して、それでも1回で毎回こなした。
今ではちょっと点滴の針、またの名を留置針、これを刺すのも上手く出来るようになった。血管みえていれば90%は確実!プチ自慢w

でも・・・・その彼も亡くなった。
亡くなったのは自分の明けの日。
あっという間の心停止だった・・・・・。
いろんなキッツイ言葉をくれた彼だけど、そんな彼の言葉のおかげで「何とかやってやろうじゃない!」て思えた技術もいっぱいあった。
だからすごく悲しかった。

そんなことを彼が亡くなった1ヶ月今でも考える。
未だに「婦長さんいないの?」の声は鮮明によみがえるし、化学療法してた副作用で「やっぱ食べれないんだよね、これやってるとさ」と食欲不振を入院するたびに言っていた言葉までもリアルに思い出せる。
そしてその頃のまだ腹水も溜まってなくていくらかふっくらしていた姿も目に浮かぶ。

そんな彼は私の中にいつまで鮮明によみがえるのだろう。
私が患者さんと関わるという上での1つの壁でもあった彼。
きっと、ずっと忘れられないだろうな、なんてことも思ったりする。
スポンサーサイト
2006/11/24(Fri) | 看護論・・・のようなモノ | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
ついてる!?
何がついてるかって、あまりついて欲しくないものが。。。







え!?って感じもするけれど、最近「血」づいてる私なのです。

夜勤に行けば血を見ております。

外科病棟なので見ないことはないのだけれど、半端な量じゃない。

点滴を抜かれる(もちろんしっかりした人は抜きませんよ^^;)、強烈なのは手術で体の中の一部をとるので、とったところにたまる血液や膿を外に出すための「ドレーン」という管を抜かれかかる(さすがにこれは術後の人を要観察しているしそんな簡単に抜けないので抜かれることはない)。

ステーションにいると廊下をフラーっと人が。

「え?あの人あんなさっぱりした状態だっけ?体の回りに管なかったっけ?」と。

先輩とともに確認しにいくと案の定点滴はないやら、ドレーンがつながっているバッグは引きずられているゎ。。。

点々と血痕。

部屋は軽い血の海。

泣きますよ。




ある時は当直のDrがフラーっと病棟に来て言いました。

「うわー・・・・(殺人)現場みたいだね」

と。

そしてフラーっと患者さんのところへ。



ええ、確かに現場です。

隣の患者さんと仕切ってあるカーテンにも血痕が「ドゥシャッ」て感じでしたもん。

手術のあとの患者さんは何をしでかすか分からない人もいるので恐ろしいです。(前にもおかしくなっちゃう人もいるけど^^;)

今度はどんな現場を目にするやら。。。泣

そうなる前に要観察しておかなきゃ。
2006/09/15(Fri) | 看護論・・・のようなモノ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
甘ちゃん。
だめだなー

と久々に凹みました。

聞かなきゃいけないことと、聞かずに出来なければならないことと、判断をどうつけるべきか。

働き始めて4ヶ月。

どことなく病棟の流れもつかめてきた。少しだけど大部屋とは違う、手のかかるお部屋ももてるようになってきた。

そんな中で慣れが起こしたというのか、甘え、おごりによって起きたものか。。。




続きを読む
2006/08/22(Tue) | 看護論・・・のようなモノ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
ちょっと、ちょっとちょっと
・・・「ザ・タッチ」のような言い方をしたくなるような。

そんな体験をしました。

ある認知症の患者様の車椅子移乗をしようと思い

「じゃあ私の背中をつかんでください」

と、私。

すると・・・・

手は・・・・

私の首に!!!(しかもマジで絞めてるし)

ちょっとー!!違うからー!!殺す気ー!?

なんてことは口が裂けても言ってません^^;

「違いますよ~、背中背中。」
と笑顔で対応。

・・・・大人になったなぁ私。爆(社会人としての常識なのですがね。)
2006/07/23(Sun) | 看護論・・・のようなモノ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
やっと・・・
皆様、いかがお過ごしでしょうか?
ながらく放置になっていたこのブログを再開したいと思います^^
なんとか自分のを買い、そして今日ネットにつなぎました~
自分で接続を試みたのが何かの間違いだったのか、何故だかメールが送れず・・・
「何とかなるやー、早くネットしたいし、ちゃっちゃとやっちゃえー」と・・・。
今度業者さんに頼んで見てもらわねば。

さて憧れだった看護師という職業に就いて早4ヶ月が経とうとしています。
寮での一人暮らしも慣れてきたのか、一人で過ごすことが快適にw
要はがあればどぉでもいいのかも^^;
これにも加わったし、ますます一人が好きになるかも~苦笑

仕事はまだまだ半人前。むしろ患者様にとっては「新人さんには針を持って欲しくない。」なんて感じさせていることでしょう。
ついこないだは手術の患者様の血管を確保するために明けで朦朧とした状態で20Gの留置針を片手にベッドサイドへ
採血の時に使う針が22G位なのでそれより太い針です。
同じ夜勤明けの先輩には「もし出来なかったら代わってもらってもいいですか??」と弱気の発言を。
先輩からは「出来るよ。一回で。」とどういう根拠から生まれたのかわからない自信いっぱいの励ましのお言葉。
そしていざ患者様の元へ。
駆血帯を巻き、血管を確認。

「あった

左前腕に浮き上がる一本の血管。
おそらくこれを失敗したら他にはない!!ってほどの。

アルコール綿で消毒をし、乾いたことを確認。
そして・・・

「ちょっとチクッとしますよ~」

と一言。
いや~刺される側にとってはちょっとじゃないし。
と自分に突っ込みたくなるこの一言。
いくら献血が好きで、注射も嫌いではない私でもこれだけは刺されたくないと研修で思いましたもん。

そして血液の逆流を確認。

「きた、きたきたー

痺れがないか確認し、内針を抜く。
そしてクレンメを開き、漏れていないか目と、患者様の疼痛の有無で確認。(漏れてると超痛い)

結果、何もなく1回で成功したのですが、1回で出来たことが信じられず、何度も「痛くない?痺れはないですか??」と10回ほど聞き、留置部位を軽く5度も触れ、しつこい子になっちゃってました。

先輩にそのことも含めて報告すると、
「一回でよかったね。相手も痛いのが1回でよかったじゃない」と。

確かに、患者様にとっても1回でつらいのがすんでよかった。
そして自分の精神的ダメージも1回ですんでよかった。

・・・と最後まで自分本位な考えの私でございました。

2006/07/21(Fri) | 看護論・・・のようなモノ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。