スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ついてる!?
何がついてるかって、あまりついて欲しくないものが。。。







え!?って感じもするけれど、最近「血」づいてる私なのです。

夜勤に行けば血を見ております。

外科病棟なので見ないことはないのだけれど、半端な量じゃない。

点滴を抜かれる(もちろんしっかりした人は抜きませんよ^^;)、強烈なのは手術で体の中の一部をとるので、とったところにたまる血液や膿を外に出すための「ドレーン」という管を抜かれかかる(さすがにこれは術後の人を要観察しているしそんな簡単に抜けないので抜かれることはない)。

ステーションにいると廊下をフラーっと人が。

「え?あの人あんなさっぱりした状態だっけ?体の回りに管なかったっけ?」と。

先輩とともに確認しにいくと案の定点滴はないやら、ドレーンがつながっているバッグは引きずられているゎ。。。

点々と血痕。

部屋は軽い血の海。

泣きますよ。




ある時は当直のDrがフラーっと病棟に来て言いました。

「うわー・・・・(殺人)現場みたいだね」

と。

そしてフラーっと患者さんのところへ。



ええ、確かに現場です。

隣の患者さんと仕切ってあるカーテンにも血痕が「ドゥシャッ」て感じでしたもん。

手術のあとの患者さんは何をしでかすか分からない人もいるので恐ろしいです。(前にもおかしくなっちゃう人もいるけど^^;)

今度はどんな現場を目にするやら。。。泣

そうなる前に要観察しておかなきゃ。
スポンサーサイト
2006/09/15(Fri) | 看護論・・・のようなモノ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2006/10/08 11:56 * [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://soyokazemuxuriste.blog41.fc2.com/tb.php/83-f2e07fec
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。